歯並びを綺麗にしたいなら矯正歯科に通おう!挑戦しやすい治療がある

患者

インビザラインの魅力

インビザラインは1997年にアメリカで開発された比較的新しい矯正方法で、透明なマウスピースを使用して矯正を行っていくというものです。取り外しが可能であるということや、他のマウスピース矯正と違って型取りが一度でいいなどの魅力があります。したがって、通院の頻度も2ヶ月に1度程度と少なくていいので仕事や学業で忙しいという方でも治療計画が立てやすいです。

矯正歯科を選ぶ際に重視してほしい条件ランキング

歯科医
no.1

日本矯正歯科学会の認定医がいるかどうか

矯正歯科の診療科に加えている歯科医院は到るところにありますが、専門医である日本矯正歯科学会の認定医となると歯科医の3%ほどしかいません。日本矯正歯科学会の認定医とは、大学病院などで5年間にわたり矯正についての専門的な研修が行い厳しい試験に合格した医師なので、矯正のスペシャリストとなります。

no.2

インフォームドコンセントがしっかりしているか

矯正歯科について患者側が深い知識を持っているとは限りません。良いことだけを言うのではなくデメリットに関しても詳しく説明してくれるというのは後々のトラブルを避ける意味でも重要です。また、矯正は自由診療となりますので値段について気になる人も多いでしょう。お金に関してもしっかりと説明してくれるかは重要なポイントです。

no.3

設備がしっかりしているか

満足感が高い矯正を受けるには、医師だけではなく設備も重要となってきます。矯正歯科の世界は日々進歩していて、治療に伴う医療機器などもどんどん進化しています。最新の機器が導入されているかどうかは治療を受ける上で非常に重要になるのです。座ったままモニターが見られるなどであれば、医師の説明もより理解が深まるでしょう。

no.4

スタッフの対応

矯正というのは今日治療を開始して明日治療が完了するといったものではなく、短くても数ヶ月長い場合には数年単位で治療を行っていくものです。治療期間に比例する形で必然的に歯科医院に通う回数も増えていきますので、担当医だけではなくその歯科医院のスタッフ全員が丁寧で良いスタッフかどうかは重要です。

no.5

通いやすい場所にあるか

矯正歯科は長期間通い続ける必要があるので、通うのが大変な場所にあると通うのが億劫になってしまう人も多いです。職場や自宅の近くなど通いやすい場所にあることが大切です。特に小児矯正の場合、親が毎回子供についていくのも大変ですし、子供が一人でも通える場所にあるというのは非常に重要なポイントになるでしょう。

矯正治療にかかる費用と相場

矯正治療にかかる費用に関してですが、矯正は自由診療なので歯科医院によってかなり差がありますし矯正の種類によっても異なるでしょう。相場としては、表側矯正で60万円から100万円程度と言われています。裏側矯正になると150万円程度必要なことが多いです。インビザラインなどは60万円程度が相場です。

ホワイトニングを東京でうけるならこちらへ★